美容皮膚科 /

トップページ   美容皮膚科  お悩み一覧  シミ 肝斑

シミとは

シミは老人性にできるものが有名ですが、その他皮膚がんの早期症状としてみられるものもあり、それを鑑別してから患者さんにあった適切な治療をご案内しております。例えば、老人性の境界明瞭なはっきりしたシミはピンポイントでアレックスレーザー照射を、細かい散在するシミに対しては、光治療(ライムライト)をお顔全体に照射します。
しみと思われたものでも、後天性の太田母斑などといったあざの場合もございます。症状に応じて、保険適応でレーザー照射することもございます。
また、境界不明瞭でぼんやりしたシミは肝斑の可能性が高く、その場合は内服療法を基本に、レーザーポレイションといった施術やトレチノインやハイドロキノン療法など患者さんにあった治療をアドバイスいたします。

主な施術方法

レーザーポレーショントレチノイン・ハイドロキノン療法

ページトップへ