西宮渡辺脳卒中・心臓リハビリテーション病院 皮膚科・美容皮膚科 | まつげ西宮渡辺脳卒中・心臓リハビリテーション病院 皮膚科・美容皮膚科 | まつげ

まつげ

グラッシュビスタ®とは?

 

〜国内初・唯一承認された薬です!!〜

グラッシュビスタ®は米国FDAで2009年に承認されて以来、現在では世界23か国以上で発売されており、たくさんの方々に使用されている睫毛貧毛症治療薬(まつ毛貧毛症治療薬)です。

日本では2014年3月に厚生労働省によって製造販売が承認され、同年9月から使用できるようになりました注2)。
2014年10月の時点で、「グラッシュビスタ®外用液剤0.03%5mL」は国内初・唯一*の睫毛貧毛症治療薬(まつ毛貧毛症治療薬)として製造販売承認を受けた製品であり、主要成分であるビマトプロスト(プロスタグランディンF2α誘導体)の作用によりまつ毛が不十分であったり、不足している患者さんのまつ毛の「長さ」、「太さ」、「濃さ」を改善することが臨床試験で認められています。
注1)FDA:米国食品医薬品局
注2)睫毛貧毛症(まつ毛貧毛症)の治療は保険適用外のため、患者様の同意のもとに行われる自由診療となります

eyelash_img01

■日本人での臨床試験において、特発性睫毛貧毛症及びがん化学療法による睫毛貧毛症の成人患者にこの薬を4ヵ月間使用した結果、それぞれの患者において、評価スケール(GEA-J)*で1段階以上の・改善が77.3%(68/88例)、及び88.9%(16/18例)の割合で認められました(表1)。
*日本人用画像数値化ガイド付き総合的まつ毛評価スケール:標準写真を参考に、医師が患者の上まつ毛の全般的な印象を4段階(1「低い」、
2「普通」、3「高い」、4「著しく高い」)で評価する基準

グラッシュビスタ®の使い方は?

この薬は上まつ毛の生え際に塗布して使用する外用薬です。

使用量及び回数は?

通常、使用する量及び回数は、次のとおりです。
片目ごとに、1日に1回1滴を専用のブラシに滴下し、上まつ毛の生え際に夜に塗布します。
頻繁に塗布しても効果が促進されませんので、1日1回を超えて塗布しないでください。
一度使用したブラシは廃棄してください。再使用はしないでください。

どのように使用するか?

化粧を落として、洗顔後清潔な状態で使用してください。
この薬をグラッシュビスタ®の使用方法に記載された要領で、添付されている専用ブラシを用いて、上まつ毛の生え際に塗布します。

使用中に気をつけることは?

塗布したときに薬液が、上まつ毛の生え際以外についた場合は、ティッシュなど吸収性の素材ですぐにふき取るか、洗い流してください。
一度使用したブラシは廃棄してください。片方のまつ毛の塗布が終わったら、新しいブラシを用い、もう片方の上まつ毛の生え際に同様に塗布してください。
コンタクトレンズをつけている場合には、レンズを外してから塗布し、15分以上経過してからレンズをつけてください(コンタクトレンズが変色することがあります)。

使用し忘れた場合は?

片目ごとに、1回に2滴塗布したり、1日に2回塗布したりしてはいけません。

多く使用した時(過量使用時)は?

異常を感じたら、医師または薬剤師に連絡してください。
出典:グラッシュビスタ®患者様向け適正使用ガイド

施術内容施術内容

 
グラッシュビスタ
  • 睫毛貧毛治療薬

    まつげ養毛剤

     

     

     

     

     

  • グラッシュビスタ
  • ■グラッシュビスタ
    1キット(2ヶ月分)
    特別料金¥ 23,100→
    ¥ 21,600(税込・診療代込)