西宮わたなべ前浜クリニック | しみ・肝斑西宮わたなべ前浜クリニック | しみ・肝斑

しみ・肝斑

しみ

皮膚科専門医があなたのシミに合った治療法をご提案致します。
 

治療方法

代表的なシミ
1. 老人性色素班(日光黒子)

紫外線や老化により生じるシミで、全身のどこにでもできますが、頬や手背など、主に日光のよく当たるところに多くみられます。

これらを組み合わせて行う治療方法がおすすめです。

2. 脂漏性角化症

老人性色素班が年月がたち、盛り上がり、いぼ状や腫瘍状になったものをいいます。ものによっては、炎症をおこしてかゆみや赤みを伴うこともあります。老人性色素班と混在していることが多いです。また、悪性腫瘍との鑑別が非常に大事ですので、当院では必ずダーモスコピー検査を行っております。

3. 雀卵斑(そばかす)

幼少期から顔面や首、前腕などの日光のよく当たるところに、直径3mm程度の茶色いシミが多発したものをいいます。夏季に色が濃くなり、冬季には目立たなくなります。思春期に最も色が濃くなります。

4. 肝斑

肝斑

治療方法

肝斑とは?

肝斑は30歳以降の女性の顔面に生じるシミをいいます。頬・額・鼻などに左右対称で、男性にもまれに生じます。原因には紫外線や更年期などのホルモンバランスがあり、季節や体調の変化によりシミの濃淡がみられます。また、顔の洗いすぎなど外部摩擦などが関与しており、きちんとした洗顔方法を行わないとシミは改善しません。

治療は、メラニンの生成を抑え、炎症を抑えることを主に、肝斑をコントロールすることを目的として行います。

当院では
 

ALEX-PDS(肝斑を積極的に治したい方におすすめ!!)

ライムライト
ビタミンC、トラネキサム酸の内服
ハイドロキノン外用
ビタミンCのメディカルイオン導入
ケミカルピーリング
美肌サプリ
プラセンタ療法

美容点滴
 

などを行っております。

また、肝斑単独だけでなく、紫外線や老化により生じる老人性色素班や日光黒子と呼ばれるシミも混在していることが多く、この場合、ライムライトによるレーザー治療やALEX-PDSが有効となります。

一般的には、肝斑部分に強い刺激を加えると、さらに炎症が強まり症状の悪化を招くため、レーザー治療は逆に肝斑を悪化させることもあり禁忌です。
しかし、当院では、肝斑にでも使用できるレーザーを使用し、それぞれのお肌にあった適切なパワーに設定し、丁寧な施術を致します。これにより、肝斑だけでなく、他のシミも少しずつ薄くなり、また化粧ノリやキメが良くなったり、肌が明るくなります。肌が明るくなると気分も明るくなりますよね?!肝斑を積極的に治療されたい方、あきらめていた方、一度当院でご相談下さいね!!

 

5. メラノーマ(悪性黒色腫)や基底細胞癌など皮膚悪性腫瘍(ガン)

ダーモスコピーという特殊な拡大鏡を用いて、皮膚ガンの鑑別を行います。万が一、皮膚ガンの恐れがあり、検査や治療が必要と判断した時は、近隣の大学病院や中核病院へ責任をもってご紹介致します。
メラノーマ(悪性黒色腫)や基底細胞癌など皮膚悪性腫瘍(ガン)