美容外科 /

トップページ   美容外科  まぶた手術  まぶたのたるみ取り手術

まぶたのたるみ取り手術

まぶたのたるみは、目元の皮膚や眼輪筋の老化により、弾力を失いハリが低下します。

上まぶたと下まぶたで、状況と治療方法が異なります。

 

上まぶたのたるみ取りとは

上まぶたの皮膚は、加齢とともに垂れ下がり、老けて見えるだけでなく、視界が悪くなったり、その重みで目が開けにくくなったりします。

手術としては、二重のラインから皮膚を切除する「上眼瞼皮膚切除」や、眉毛の下から切除する「眉毛下皮膚切除」があります。

 

上眼瞼皮膚切除

垂れ下がって余っているまぶたの皮膚を、二重のラインから切り取って縫合します。傷跡が二重のラインと一致するため、眼を開けると傷跡は見えなくなり、非常に目立ちにくくなります。しかし、まぶたの皮膚はまつ毛に近い部分が薄く、眉毛に近くなるほど熱くなっていきますので、多くの皮膚を切除すると薄い皮膚と厚い皮膚を縫合することになるため、二重が厚ぼったくなることがあるため、あまりたくさんの皮膚を切除することはできません。皮膚の切除量が多い場合は後述の眉毛下皮膚切除を選択することとなります。

 

眉毛下皮膚切除(上眼瞼リフト)

余剰なまぶたの皮膚を、眉毛の下縁から切除して縫合します。この方法は、まつ毛の近くの薄い皮膚を温存した状態で余った皮膚を切除することができるため、効率よく必要な量の切除をすることができ、また、元の二重のラインが見えるようになるので、二重のラインが非常に自然な仕上がりになります。眉毛の下に傷跡ができますが、毛包斜切開という、特殊で難易度の高い方法を用いて切除・縫合することで、できるだけ傷跡を目立ちにくくします。

 

下まぶたのたるみ取り手術

まぶたのたるみは、目元の皮膚や眼輪筋の老化により、弾力を失いハリが低下します。すると、眼球の周りの脂肪(眼窩脂肪)を支えていた眼窩隔膜も衰えているために、脂肪を支えられなくなり、たるみとなります。下まぶたの場合、眼窩脂肪の下方ある靭帯は硬いまま存在するので、靭帯の部分は凹み、その上のたるんだ脂肪は出っ張って見えるために、余計に目立って見えるようになります。

 

治療方法

いずれも局所麻酔の手術を行います。

下眼瞼除皺

余剰皮膚を切除します。必要に応じ、眼窩脂肪の除去、眼輪筋によるつり上げを行います。皮膚のたるみを除去することができます。

経結膜脱脂

まぶたの裏(結膜)から眼窩脂肪を除去します。脂肪の盛り上がりだけを除去するので、皮膚のたるみのない場合に行います。

ハムラ法

余剰皮膚の切除と眼窩脂肪の敷きなおし、眼輪筋によるつり上げを行います。皮膚のたるみを除去し、さらに硬い靭帯を切離して眼窩脂肪をなだらかに敷きなおすことで下眼瞼全体を平坦化させます。加齢による余剰皮膚と眼窩脂肪の突出を伴うたるみがある場合に行います。

 

病状によって、ヒアルロン酸による凹みの修正で改善する場合があります。

 

ページトップへ