美容外科 /

トップページ   美容外科  まぶた手術  目頭・目尻切開

目頭・目尻切開

目頭切開

目頭を覆う『蒙古襞(もうこひだ)』を切開することで、眼を大きく見せたり、左右の眼を離れて見えていたのを近づけたり、末広型の二重まぶたが平行型になりやすくする手術です。

局所麻酔をした後、目頭に特殊な皮膚切開をする(Z形成術)ことで、目頭をすっきりさせます。皮膚の見えるところを切開するので、術後瘢痕が生じますので、できるだけ目立たない傷跡になるように、拡大鏡や細い針糸を使います。

 

目尻切開

眼を横方向に大きく見せる手術です。たれ目の方や切れ長な目にしたい方に行います。

ページトップへ