疾患説明 /

トップページ   疾患説明  湿疹・皮膚炎  湿疹

症状

かゆみをもった赤みやブツブツ、小さい水ぶくれから始まり、時間が経つとかさかさしてきます。さまざまな発疹が同時期に混ざり合って認められることも湿疹の特徴です。

原因

湿疹は、皮膚科を受診される患者さんの中で最も多い病気と言われています。アトピー性皮膚炎やかぶれ、手湿疹も、湿疹の仲間ですが、この他に、小さいお子さんにみられる乳児湿疹や、中年以降の方に多い皮脂欠乏性湿疹、どの年代の方にもみられる急性や慢性の湿疹などがあり、原因もさまざまです。

治療法

湿疹の治療では、ステロイドの塗り薬と、かゆみやアレルギーをおさえる飲み薬を主に使います。また、特に乳児湿疹や皮脂欠乏性湿疹では、保湿剤を中心とした毎日のお手入れがとても大切ですので、スキンケアも同時に行っていきます。

ページトップへ