疾患説明 /

トップページ   疾患説明  まぶたの病気  眼瞼下垂症

眼瞼下垂症

眼瞼下垂症とは、何らかの原因で、まぶたが開きにくくなった病態のことを言います。

生まれつきまぶたを上げる筋力が弱い場合を先天性眼瞼下垂症といい、後から少しずつまぶたが開けにくくなった場合を後天性眼瞼下垂症といいます。

 

まぶたがあけにくい病気

腱膜性眼瞼下垂症

まぶたを上げるときに働く眼瞼挙筋腱膜が伸びたり切れたりすることにより、まぶたの先まで力が伝わらなくなりまぶたが開けにくくなります。

年齢によるものやコンタクトレンズ、アレルギーなどにより目をこする癖などが原因です。

 

先天性眼瞼下垂症

生まれつきまぶたを上げる筋力が弱いと、まぶたを上げることができず眼瞼下垂となります。

 

顔面神経麻痺

まぶたの周囲の筋肉の働きが弱くなることで、皮膚がゆるんで余ってきたり、まぶたを開けにくくなったります。

 

 

治療

それぞれの病態に合わせた手術を行います。いずれも局所麻酔の手術を日帰りで行います。

腱膜性眼瞼下垂症

上まぶたの皮膚を切開し、挙筋腱膜をもともと付着している瞼板という組織にしっかりと固定を行うことで眼瞼挙筋の力がまぶたまでしっかり伝わるようにしてまぶたを開けやすくします。必要に応じ、余剰皮膚や眼窩脂肪を除去します。

 

先天性眼瞼下垂症

上まぶたのまつ毛のそばと眉毛の上を切開しトンネルを作成します。

太ももから大腿筋膜を一部摘出し、まぶたに縫い付けて、おでこの筋肉の力でまぶたを開けることができるようにします。

 

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺によっておでこの筋肉が麻痺することで眉毛が下がっているときは眉毛の位置を挙げる手術を行います。

眼瞼の皮膚余剰がある場合は余剰皮膚切除を行います。これらは顔面神経の動きをだす手術ではなく、安静時の表情改善が目的となります。

 

当センターではまぶたが開けにくい・視野が狭いなど、機能的な障害がある場合、健康保険での治療を行います。

まぶたのたるみなど、美容目的の手術は自費による手術が可能です。

詳細は当センターまでお問い合わせください。

ページトップへ