疾患説明 /

トップページ   疾患説明  まぶたの病気  睫毛内反(逆まつげ)

睫毛内反症・眼瞼内反症(逆まつげ)

本来外側を向いているはずのまつ毛が眼球に触れてしまっている状態で、眼の表面の角膜や結膜に傷がつきます。

まつ毛が眼の表面に触れていると、睫毛内反、眼瞼内反、睫毛乱生などの疾患の可能性があります。

 

睫毛内反症

生まれつき逆まつげがある場合があります。成長に伴い逆まつげが改善することもありますが、

当院では中学生以降にも改善がない場合、局所麻酔で手術を行います。眼球の評価のため、合わせて眼科での評価も必要です。

 

眼瞼内反症

加齢に伴いまぶたのハリが失われることにより、まぶたが内側に倒れこみ、まつ毛が眼球に当たるようになります。そうすると目に違和感が生じたり、角膜などに傷がついたりします。

 

治療

睫毛内反症/眼瞼内反症

まつ毛のすぐそばの皮膚を切開し、皮下のつっぱった部分を剥離し切開し、まつ毛が外側を向くように縫合固定し、まつ毛やまぶたの内反を矯正します。必要に応じ、余剰皮膚や眼窩脂肪を除去します。

 

当センターではまぶたが開けにくい・視野が狭いなど、機能的な障害がある場合、健康保険での治療を行います。

まぶたのたるみなど、美容目的の手術は自費による手術が可能です。

詳細は当センターまでお問い合わせください。

 

 

ページトップへ