疾患説明 /

トップページ   疾患説明  感染症  水虫

症状

手足の水虫では、水ぶくれができてかゆい、皮がめくれる、皮膚が厚くなりかさかさする、などの症状がみられます。爪の水虫では、爪が白色や黄色に濁ったり、爪が厚くなりもろくなったりします。水虫はかゆいと思われがちですが、実際にはかゆくない場合もあります。また、手足の皮がめくれたり、手足にかゆいぶつぶつができる病気は水虫以外にもいろいろあるので、自己判断で水虫と決めつけず、できれば一度顕微鏡検査を受けましょう。
なお、すでに市販薬などで水虫の薬を塗っておられる場合は、しばらく中止しないと、顕微鏡検査で菌が見えないことがあります。

原因

水虫は、白癬(はくせん)菌というカビが、皮膚の表面の角層で増えて起こる病気です。手足の水虫を放置すると、爪に菌がはいり、爪水虫になることもあります。

治療法

白癬菌を殺す塗り薬で治療します。塗り残しがないようにすみずみまできっちり塗ることと、症状がなくなってもすぐに薬をやめず、最低でも数ヶ月は塗り続けることが大切です。爪水虫の場合は、飲み薬の治療もありますが、肝臓の機能が悪くなったり、常用薬との飲み合わせが悪かったりすると、使用できない場合があります。

ページトップへ