疾患説明 /

トップページ   疾患説明  感染症  とびひ

症状

水ぶくれができるタイプ(水疱性膿痂疹)と、かさぶたができるタイプ(痂皮型膿痂疹)があります。水ぶくれができるタイプは、夏期に、小さいお子さんにできることが多く、黄色ブドウ球菌という細菌が原因です。

原因

虫刺されやあせもを掻いたりしてできた皮膚の小さな傷に、細菌が感染して起こる病気です。掻くことで、全身に発疹がうつっていきます。

治療法

掻くことで全身にうつっていくので、気づいたら早めに治療を始めたほうがよいでしょう。とびひでは、細菌を殺す飲み薬または塗り薬を使います。掻いて広がってしまわないように、かゆみがある場合や、もともとアトピー性皮膚炎のあるお子さんでは、かゆみをおさえる飲み薬、塗り薬も一緒に使っていきます。

ページトップへ