疾患説明 /

トップページ   疾患説明  感染症  ウイルス性いぼ

症状

いぼは全身どこにでもできますが、主に手足にできることが多く、足にできたいぼは、うおのめやタコと区別がつきにくい場合もあります。また、中年以降の方の顔や頭、首にもいぼのようなものがいくつもできることがあります。

原因

いぼの原因はヒト乳頭腫ウイルスで、皮膚に小さな傷があると、そこからウイルスが入って感染します。尋常性疣贅は、子供によくできる水いぼと違い、大人にもうつります。放っておくと、他の部位にもうつってどんどん増えていく場合がありますので、見つけたら早めの治療をおすすめします。

治療法

液体窒素による凍結療法を行っています。1回の治療ですべて治ることは少なく、1〜2週間に1回程度の間隔で通院していただいています。漢方の飲み薬や角質を軟らかくする外用薬も併用する場合がございます。

ページトップへ