疾患説明 /

トップページ   疾患説明  感染症  水いぼ

症状

水いぼの大きさは1~5mm程度で、中心部分がくぼんでいるのが特徴です。その表面は白色やピンク色でツルツルしており、中にはウイルスが潜んでいます。水いぼを潰すと、液体が出て他の体の部分にウイルスが広がり、いぼの数が増えてしまいます。

原因

水いぼの原因は軟属腫ウイルスの感染で、7歳以下のお子さんに多いです。皮膚が薄くてバリア機能が未熟な乳幼児は、まだ免疫もなく感染しやすいです。

治療法

できる限り痛みを軽減するため、処置の30分前に麻酔テープを貼り、専用のピンセットを使って、水いぼをつまみ取る治療を行っています。
水いぼに関しましては、事前に電話かネット予約をしていただけましたら幸いです。

ページトップへ