疾患説明 /

トップページ   疾患説明  その他  乾癬

症状

皮膚が赤みを帯びて厚くかさかさになったり、皮がめくれたりします。かゆみを伴う場合もあります。発疹は、頭や肘・膝頭、腰などに多くみられます。爪に症状が出る場合もあり、爪白癬との鑑別も必要です。

原因

乾癬は、皮膚の新陳代謝が異常に活発になり、皮膚がつくられるスピードが非常に速くなる病気です。乾癬とはいっても、人にうつる病気ではありません。乾癬の原因はまだ完全には分かっていませんが、乾癬になりやすい体質に、食生活の欧米化(脂肪の多い食事)や肥満などの環境因子が加わって発症すると考えられています。

治療法

ステロイドやビタミンDの塗り薬による治療を中心に行っています。発疹の範囲が広い方や塗り薬だけではなかなか治らない方には、紫外線療法を行っております。また、生物学的製剤とよばれる注射などの治療を希望される場合は、適切な病院へご紹介いたします。

ページトップへ