疾患説明 /

トップページ   疾患説明  ケガ・傷跡  ケガ(切創、擦過傷、挫創、咬傷など)・やけど

症状

ケガによるキズを治すためには「早く」「適切な」治療を行うことが重要です。

当センターでは、創傷外科専門医がキズに合わせた適切な治療を行っていきます。

*当院は完全予約制です。ケガで受診を希望される場合は、必ず事前に電話連絡をお願いします。できるだけ早く診察できるようにご案内します。

 

キズの種類

切創(切り傷)

包丁やカッターナイフ、紙のへりなどによって皮膚が切れた傷です。

擦過傷(すり傷)

いわゆるすりむいたキズです。

挫創・挫滅創

強い力で皮膚が圧迫されたことでできます。

咬傷

動物や人により咬まれたことによってできます。口の中の雑菌により感染することがしばしばあり、早期に適切な治療が必要です。

やけど(熱傷)

熱湯などの高温物質や低温物質(低温熱傷)、化学物質が皮膚に付着して生じます。原因となったものや接触時間によってやけどの深さも様々で、状況に合わせた適切な治療が必要です。

 

治療

外用療法

キズに薬を塗って治す方法です。塗り薬には多くの種類があり、キズの状態によって最適な薬を使い分け、できるだけ早く治るように導きます。

 

創傷被覆材による被覆療法

キズを湿潤環境にすることで治癒を早める、創傷被覆材を使用します。はじめのうちは知るがたくさん出たり、液が溜まりすぎて傷の治りが遅くなったり、キズがから出た液なのか感染による膿なのかがわからなかったりします。創傷被覆材による治療は、経過を見ながら適切に判断する必要があります。

 

手術療法

深い傷は縫合したほうが早く治ります。ぶつけたことによって皮膚のダメージが強く壊死してしまった場合はその部分を除去したほうが早く治ることもあります。

特に顔のキズは、その場所や深さ、キズの状態に合わせた適切な治療を行うことで、少しでも目立ちにくい傷跡にするように配慮します。

 

 

 

 

 

ページトップへ