疾患説明 /

トップページ   疾患説明  皮膚腫瘍  アザ

症状

アザには、青あざ(太田母斑、真皮メラノサイトーシス、異所性蒙古斑)、茶あざ(扁平母斑)、黄あざ(表皮母斑、脂腺母斑)などがあります。

あざには生まれつき存在する先天性と、思春期~成人後に生じる後天性のものがあります。

いずれにしても、まず診察をしたうえで、あざの診断を行って治療方針を決定します。

 

治療

青あざ・茶あざについてはQスイッチレーザーが適応となります。場合によって、テストレーザーを行い、効果を確認してから全体の照射を行います。疾患によって一部保険外診療となります。

黄あざは切除する手術が必要となります。当院では局所麻酔での手術を行っており、全身麻酔が必要な場合は適切な近隣施設をご紹介します。

 

 

ページトップへ