疾患説明 /

トップページ   疾患説明  皮膚腫瘍  うおのめ・たこ

症状

うおのめの場合は、中央に芯ができているので、押したり体重がかかったりすると痛みを伴うことが多いです。タコの場合は、あまり症状がない場合もあります。糖尿病などで足の感覚が鈍くなり痛みが分かりづらい方では、気付かないうちに悪化したり、ばい菌がついて化膿したりすることもありますので、注意が必要です。

原因

うおのめやタコは足に多く、合わない靴や足の変形などがきっかけで、皮膚の角質層が厚くなって生じます。イボと見分けがつきにくい場合がありますが、イボとは違って、うおのめやタコはうつりません。

治療法

当院では、角質層を柔らかくする貼り薬や塗り薬を併用しながら、適宜うおのめやタコを削る処置もさせていただいています。また、症状がひどい場合、足底装具製作をお勧めする場合がございます。

ページトップへ