睫毛内反(逆まつげ)

トップページ   形成外科  まぶたの病気  睫毛内反(逆まつげ)

睫毛内反症・眼瞼内反症(逆まつげ)

症状

本来外側を向いているはずのまつ毛が眼球に触れてしまっている状態で、眼の表面の角膜や結膜に傷がつきます。

まつ毛が眼の表面に触れていると、睫毛内反、眼瞼内反、睫毛乱生などの疾患の可能性があります。

 

種類
睫毛内反症 まぶたの位置は正常ですが、まつ毛が列をなして内側に向いて生えていることにより、眼球にまつ毛が当たる状態です。また、内眼角贅皮(ないがんかくぜいひ)という、眼の目頭にある蒙古襞(もうこひだ)による皮膚の突っ張りにより逆まつげが生じている場合もあります。多くは生まれつきですが、成長に伴い逆まつげが改善することもあります。当院では中学生以降にも改善がない場合、局所麻酔で手術を行います。眼球の評価のため、合わせて眼科での評価も必要です。
眼瞼内反症 加齢に伴いまぶたのハリが失われることにより、まぶたが内側に倒れこみ、まつ毛が眼球に当たるようになります。そうすると目に違和感が生じたり、角膜などに傷がついたりします。
睫毛乱 まぶたの位置は正常で、大部分のまつ毛は正常に生えていますが、一部のまつ毛のみ内側の眼球に向かって生えている状態です。

 

当院の治療方法

いずれも、局所麻酔の日帰りの手術で行います。小児など、全身麻酔が必要な場合は適切な近隣施設をご紹介します。

 

睫毛内反症 軽度の症例は埋没法を行います。埋没法は糸を埋め込むことによって皮膚の食い込みと一緒にまつ毛を外側に向けて矯正する手術です。中等度・重度の場合は切開法(Hotz変法など)により治療します。Hotz変法は、まつ毛のすぐそばの皮膚を切開して、皮膚の裏側からまつ毛を外側にむけて矯正する手術です。必要に応じ、皮膚や脂肪組織を切除します。再発や難治例にはLid split法を行います。内眼角贅皮が原因となっている場合は、目頭切開術(主にZ形成術)をあわせて行います。
眼瞼内反症 軽度の場合はJones法または松尾法に準じて手術を行います。まつ毛のすぐそばの皮膚を切開し、皮下のつっぱった部分をはがして、まつ毛が外側を向くように縫合固定し、まつ毛やまぶたの内反を矯正する方法です。中等度または重度で、横方向にまぶたがゆるんでいる場合にはまぶたを部分的に切除して横方向の短縮を行ったり(水平短縮)、上記のHotz変法を組み合わせます。また、上まぶたの皮膚が弛緩していることでまつ毛にあたって内反している場合は、皮膚切除を行います。眼瞼内反症の手術は再発の可能性が高いので、定期的に診察をし、必要に応じ追加手術を行います。
睫毛乱生 逆さを向いているまつ毛の毛根を切除する、または高周波ラジオ波メスを用いて、睫毛根を破壊します。

当センターではまぶたが開けにくい・視野が狭いなど、機能的な障害がある場合、健康保険での治療を行います。

まぶたのたるみなど、美容目的の手術は自費による手術が可能です。

 

詳細は当センターまでお問い合わせください。