シミ・くすみ

シミ・くすみ

シミとは

シミは老人性にできるものが有名ですが、その他皮膚がんの早期症状としてみられるものもあり、それを鑑別してから患者さんにあった適切な治療をご案内しております。例えば、老人性の境界明瞭なはっきりしたシミはピンポイントでQスイッチレーザー照射を、細かい散在するシミやくすみに対しては、光治療(ライムライト)をお顔全体に照射したり、トレチノイン・ハイドロキノンで治療することができます。
しみと思われたものでも、後天性の太田母斑などといったあざの場合もあります。症状に応じて、保険適応でレーザー照射することもあります。

 

 

シミの種類

日光性色素斑・日光黒子・老人性色素斑 いわゆるシミです。年齢を経て、紫外線の蓄積によっておこる平坦な淡褐色~濃褐色の色素斑で、顔以外にも手の甲や腕など露出部に多くできます。
脂漏性角化症 日光黒子が年数を経ていぼ状に隆起してきたもので、盛り上がったシミです。老人性イボと表現されることもあります。軽いかゆみを伴うことがあります。
肝斑 両頬にほぼ左右対称に生じる境界が不明瞭でボヤっとした淡褐色の色素斑です。お肌をこするなどの刺激が原因や悪化要因といわれ、紫外線で悪化することがあります。女性ホルモンが関与しているとされ、出産後に出現・悪化することが知られています。皮膚の慢性的な刺激が主な要因のため、レーザー治療で悪化することがあり、注意が必要です。
雀卵斑 いわゆる「そばかす」です。主に両頬から鼻のまわりに細かい点状で淡褐色のしみが散在します。遺伝によるといわれており、3~5歳くらいで出現することが多いです。紫外線により悪化します。
真皮メラノサイトーシス(ADM) ADMとはAcquired Dermal Melanocytosisの略語で、後天性両側性太田母斑様色素斑や遅発性太田母斑といわれます。太田母斑とは別疾患です。

 

アジア人に多く見られ、10歳代後半から30歳くらいに初発する女性に多い疾患です。単独でみられることもありますが、多くの場合普通のシミ(日光性色素斑)やそばかす(雀卵斑)、肝斑と混在していることが多いです。グレーから青みを帯びて見え、通常両頬や前額部、眼瞼、鼻に色素斑を認めます。

 

 

くすみとは

くすみとは、肌が本来持っている透明感や明るさ、ツヤが失われ、スキントーンが暗く見えるような状態をいいます。原因としては肌の乾燥によるきめの乱れや、ターンオーバーの乱れによって本来自然と排出されるはずの色素が皮膚にとどまっていたり角質が肥厚していることにより肌がごわついている状態、などが考えられます。

 

 

主な施術方法

シミの治療は、そのシミが何であるかを診断した後、それに合わせた治療を組み合わせながら行います。

 

 

レーザー治療:Qスイッチ付きアレキサンドライトレーザー

 

適応 日光性色素斑、真皮メラノサイトーシスなど
方法 冷却しながらまたは表面麻酔を行った後、色素斑の部分にレーザーを照射します。2週間程度テープを貼った後、シミが薄いかさぶたのようになってシミが除去されます。いったんシミが取れた後に炎症後色素沈着(PIH)という再発したかのようにまた色素斑が生じることがありますが、6か月程度かけて消退します。

 

 

光治療:ライムライト

 

適応 日光性色素斑、雀卵斑、くすみ、肌質改善など
方法 お顔全体に光を当てることにより、シミやくすみを改善させます。ダウンタイムがない治療で、繰り返していただくことにより少しずつ改善を図ります。

 

 

ハイドロキノン・トレチノイン療法

 

適応 日光性色素斑、肝斑、雀卵斑、くすみなど
方法 ハイドロキノンとトレチノインを中心とした医療機関専売品の基礎化粧品と処方薬のプログラムで、3~4か月かけてお顔全体のシミやくすみを治療します。ハイドロキノンでアレルギーを起こすことがあるので、ハイドロキノン使用前にはテストを行います。

 

 

内服治療

 

適応 日光性色素斑、肝斑、くすみなど
方法 肝斑やシミ・くすみの場合は、炎症を抑え、メラニン色素を産生する細胞の働きをブロックするトラネキサム酸と、メラニンの生成を抑制し、抗酸化などに働くビタミンCを内服していただきます。

 

 

イオン導入

 

適応 毛穴・肌荒れ、シミ・くすみ、ニキビができやすい、なかなか良くならない、肌のきめや透明感が気になる、肌のごわつきやザラザラ感が気になる
方法 イオン導入とは、皮膚に微弱な電流を流すことで、手で塗るだけでは肌の表面にしか届かない美容成分を、肌の奥まで浸透させることができる施術です。お悩みに合わせて三種類の導入液をご用意しています。同時に複数の導入をすることも可能です。(両親媒性 ビタミンC誘導体(GOVC)、トラネキサム酸、グリシルグリシン)

 

 

症例

治療内容

シミの治療は、そのシミが何であるかを診断した後、それに合わせた治療を組み合わせながら行います。

(診断によっては健康保険が適応となる場合がありますのでご相談ください)

 

Qスイッチレーザーによるしみ除去

 

費用(診察代・テープ代・投薬費用別途要)

直径3㎜大3,300円~

 

副作用・合併症

疼痛、アレルギー、水疱形成、色素沈着、色素脱失、瘢痕形成、再発

 

関連ページ

 

料金

  • 各種料金については、下記よりご確認ください。

料金表はこちら