Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザーとは

Qスイッチヘッド画像

Qスイッチレーザーとは、メラニン色素を標的としたレーザーで、エネルギーを短時間に一気に放出するQスイッチという仕組みをつけることで、皮膚の奥の真皮まで強いレーザー光を深達させることのできるレーザーです。

 

 

治療適応

  • あざ(太田母斑、異所性蒙古斑)
  • 外傷性色素沈着症(ケガで色素が傷跡の中に埋まっていることによるあざ)
  • 日光性黒子(しみ)

 

治療経過

氷で冷やしながら施術を行います。希望時には表面麻酔を追加することができます。

レーザー照射後は2週間程度テープを貼付します。そうすると、痂皮が形成され、痂皮がとれて色素斑が改善します。その後炎症後色素沈着(PIH)という再発したかのように色素斑が再燃することがあります。基本的には数か月で改善しますが、必要に応じ美白剤などで治療を行います。

しみは1回の治療で終わることが多いですが、真皮性の色素斑や色素が深いものは複数回の治療が必要な場合があります。

 

 治療・経過について

治療後のよくあるご質問

※太田母斑や真皮メラノサイトーシスなどシミの色素が深い色素斑は、レーザー治療の効果が期待できるものの、特にレーザー照射後にPIHが出やすい疾患です。PIHがまだ残っているときに追加のレーザー治療を行うと色素脱失することがあるため、しっかりPIHが消退するのを待ってから治療する必要があり、状態にもよりますが、3~6か月またはそれ以上の期間をおいて追加照射を行います。繰り返し根気よく照射することによって色素斑は改善します。
※まぶたなど目の周りの治療の場合は、目を保護する医療用のコンタクトをつけて安全に照射しますのでご安心ください。

 

治療は、形成外科専門医・レーザー専門医が担当します。

 

 

関連ページ

 

 

料金

  • 各種料金については、下記よりご確認ください。

料金表はこちら