目頭・目尻切開

目頭切開

目頭を覆う『蒙古襞(もうこひだ)』を切開することで、眼を大きく見せたり、左右の眼を離れて見えていたのを近づけたり、末広型の二重まぶたが平行型になりやすくする手術です。

 

二重の種類

二重は大きく分けると「平行型」と「末広型」という二つのタイプがあります。

 

末広型 目頭の二重幅が狭く、目尻に向かうにつれて二重のラインの幅が徐々に広がっている二重の形です。目頭に「蒙古襞」というひだがあるために末広型になるとされており、日本人の大多数はこちらのタイプです。
平行型 「平行型」は、二重のラインが蒙古襞の外からまつ毛のラインと離れて始まり、まつ毛のラインとほぼ平行に目尻まで二重のラインが続く形です。平行型は、目が大きく華やかに見え、「目力のある目」といわれています。アイテープなどで二重を作ると比較的容易に平行型の二重を作ることができるため、特にアイテープなどを使われていた方が手術で二重にしたいときはこちらを選択されることが多い傾向です。ただし、埋没法による二重では平行型の二重を作ることが難しい場合があり、二重の手術と組み合わせて目頭切開を行うことがあります。

目頭切開がお勧めな方

  • 左右の眼が離れているのを改善したい方。目と目の距離を狭くしたい方。
  • ぱっちりした大きな目にしたい方。
  • 蒙古襞が強く、目が小さく見える方。
  • 平行型の二重にしたいのに、末広型になりやすい方。
  • 二重の幅を広げたい方。
  • 「目力(めぢから)のある目」にしたい方

当院の治療方法

局所麻酔をした後、目頭に特殊な皮膚切開をする(Z形成術)ことで、目頭をすっきりさせます。

蒙古襞のある部分の皮膚をZ型に切れ込みを入れ、それぞれの三角形を入れ替えることにより目頭を開く方向にします。皮膚の見えるところを切開するので、術後瘢痕が生じますので、できるだけ目立たない傷跡になるように、形成外科的技術並びに拡大鏡や細い針糸を使い手術を行います。

1週間で抜糸が必要です。しばらくは傷跡が目立つ時期がありますが、3か月程度で目立たなくなることが多いです。

 

 

目尻切開

眼を横方向に大きく見せる手術です。

横方向だけでなく、目の上下にも広がりますので、白目が横方向外側に広がることで、切れ長の目元になります。また、目尻からこめかみまでの距離が長いと顔が大きい印象を持たれやすくなるので、その距離を短く見せることにもつながります。

目頭切開も目尻切開も目を大きくする方に働くため、目と目の距離は変えずに目を大きくしたい方は目尻切開をお勧めします。

 

目尻切開がお勧めな方

  • 目を大きくしたい方、でも目と目の距離は変えたくない方。
  • 切れ長の目元にしたい方
  • きつい目の印象をやわらかくしたい方

当院の治療方法

局所麻酔の後、目尻の皮膚を切って、「Y-V皮弁」といわれる方法で主に治療します。「Y-V皮弁」は、皮膚に切開を加えY字型になった皮膚をV字型に縫合することで、目尻を延長する方法です。1週間で抜糸が必要です。しばらくは傷跡が目立つ時期がありますが、2か月程度で目立たなくなることが多いです。

 

 

関連ページ

 

料金

  • 各種料金については、下記よりご確認ください。

料金表はこちら