刺青除去

刺青除去

刺青は、入っている色や部位、大きさや深さなどにより治療方法が異なります。

手術はいずれも局所麻酔の日帰りで行います。

 

レーザー治療 黒や紺などの色に反応する、Qスイッチレーザーを使用します。レーザーが刺青の色素と反応して破壊します。手術と比べて傷跡が残りにくく、ダウンタイムも比較的短いですが、刺青の色や種類や濃さによっては、完全に除去することができない場合があります。また、通常一回で治療することは難しく、2~3か月程度の間隔を開けて複数回の治療が必要となります。
手術(単純切除) 刺青が入っている皮膚を切り取って縫い合わせることにより除去する方法です。皮膚を切り取るため、刺青を完全に除去することができますが、必ず傷跡が残ります。また、小さい範囲の刺青だと1回の手術で除去できますが、範囲が大きい場合は、半年くらいの間隔をあけて複数回に分けて切除します(分割切除)。
手術(剥削) 刺青が入っている皮膚を薄くはぎ取っていく方法です。皮膚を薄く削ぐことにより擦り傷のような状態にするため、そのあとは外用薬等を用いて、キズが治るのを待ちます。刺青が傷跡に置き換わったように除去され、またところどころの色素の残存がありえます。また、キズが治るのに1か月程度かかり、深い擦り傷の後のような傷跡が残ります。

 

料金

  • 各種料金については、下記よりご確認ください。

料金表はこちら