婦人科形成(乳頭縮小)

婦人科形成(乳頭縮小)

デリケートな部分の形や大きさに不安をお持ちの方は多いものの、なかなか他人に相談できない悩みの一つです。

当センターでは、カウンセリングから手術まですべて形成外科専門医の女医が担当いたします。

 

 

乳頭縮小

生まれつき、または妊娠・授乳によって乳頭が大きくなり、授乳が終了した後も大きさが戻らず、肥大または長く伸びてしまうことがあります。

 

 

当院の治療方法

局所麻酔の日帰り手術で行います。乳頭の上部または側面から、余分な部分を取り除き縫合します。手術方法によって、乳管を残すように切除する方法と、あるいは閉経後で乳頭の大きさを小さくする場合は乳管を切除する方法を選択することがあります。授乳の可能性がある場合は乳管を温存する方法で行いますので、どの方法がよいかはカウンセリングでご相談いたします。

 

 

関連ページ

 

 

料金

  • 各種料金については、下記よりご確認ください。

料金表はこちら