CO2レーザー

CO2レーザー

CO2レーザーとは

CO2レーザーは、ホクロや盛り上がったシミ(脂漏性角化症)などに対し、組織を蒸散することで、病変を削り取るレーザーです。 当センターのCO2レーザー(アキュパルス)は、従来の危機に比べ少ないエネルギーでより深く蒸散することができ、術後の炎症反応を少なくし、傷跡が残りにくく、患部の治癒を比較的早く得ることができます。

 

 

治療適応

ダーモスコピー(拡大鏡)などを用いた上で、顔面や頚部にある良性の病変にのみ治療を行います。

 

  • 色素性母斑(ほくろ)
  • 脂漏性角化症(盛り上がったシミ)
  • 尋常性疣贅(いぼ)
  • 汗管腫 など
  • ニキビ跡・肌質や毛穴の改善

*フラクショナルモードでは、レーザーを点状に照射することで、新しい皮膚の再生を促し、しわやニキビ跡、クレーターなど、様々なスキントラブルの治療を行います。(自費診療)

 

 

治療経過

局所麻酔を行った後、レーザーを照射します。

治療後は擦り傷のような状態になりますので、創傷被覆材(テープ)または塗り薬を使用し、治癒を図ります。創部が治癒するのに2週間程度かかります。

組織を蒸散させてしまうので、病理組織検査をすることができない場合があります。

大きい病変や、四肢・体幹の病変、良性かどうかもしくは病名が気になる場合、悪性が疑われる場合などは全切除する手術を行います。

 

 ご注意ください

※治療後の瘢痕をできるだけ目立ちにくくするには、できるだけ浅く削り、できるだけ早く傷を治すことが必要となります。そのため、レーザーで削る深さもできるだけ全部とれているできるだけ浅いレベルにとどめる必要があるため、術後再発する場合があります。(深く削れば削るほど再発の可能性は下がりますが、術後の傷跡が目立って残る可能性が高くなります。)再発した場合は再度同様の処置を行うことになりますが、ほとんどの場合が傷跡の中で再発するため、再度処置することによって傷跡が大きくなることはありません。長期的に見てできるだけ目立たない傷跡にするための治療方法ですので、ご理解ください。

治療は、形成外科専門医・レーザー専門医・皮膚腫瘍外科分野指導医が担当します。

 

 

関連ページ

 

 

料金

  • 各種料金については、下記よりご確認ください。

料金表はこちら