口唇形成(厚く・薄く)

口唇形成術

くちびるを薄く

口唇縮小術は、赤い口唇部分の厚みを薄くする手術です。いわゆる「たらこ唇」の改善やバランスを整えたりすることが可能です。

 

 

治療

局所麻酔の日帰り手術で行います。 赤い口唇(赤唇といいます)は、外から見える乾燥したドライリップと、口腔内で常に唾液で湿ったウェットリップがあり、口唇縮小術はその境界部分から余分な粘膜と筋肉の一部を切除し縫合します。傷跡はくちびるの内側にできるので目立たなくなります。

 

 

くちびるを厚く

薄い口唇を厚くするには、ヒアルロン酸の注入を行います。ヒアルロン酸は元来皮膚に含まれている成分で、たくさんの水分を皮膚の中に蓄えて弾力をもたせることができる製剤です。ヒアルロン酸を希望の形態に合わせ少しずつ注入して形を整え、ふっくらとした唇に仕上げていきます。 当センターでは厚生労働省で認可されたアラガン社のジュビダームビスタのみを使用しています。ジュビダームビスタによる治療にあたり、講習セミナーを受講し、受講修了書を所得し治療を行っています。これらの商品はいずれも12か月以上持続効果があるとされており、また局所麻酔剤が配合された製剤で、痛みにも配慮されています。 治療前にはクリーム麻酔を追加することも可能です(料金別途)

 

 

使用する機器

 

 

料金

  • 各種料金については、下記よりご確認ください。

料金表はこちら