まぶたの脂肪取り手術

まぶたの脂肪取り手術

上まぶたや下まぶたには眼球を包むように眼窩脂肪(がんかしぼう)があり、薄い袋に包まれて存在します。

目元の皮膚や眼輪筋の老化により、弾力を失いハリが低下することで、眼窩脂肪を支えきれなくなり、脂肪が突出します。

特に下まぶたでは『目袋』『黒くま』ともいわれ、老けた印象の原因となります。

 

 

当院の治療方法

下まぶた脂肪とり手術(経結膜脱脂)

下まぶたに脂肪が出ている場合、手術方法はいくつかありますが、下まぶたの脂肪取り手術は、皮膚の余りがあまりない比較的若い方に行う手術です。脂肪の突出だけではなく、皮膚のたるみなどもある場合は、皮膚切除と同時に脂肪を除去する方法が適しています。

まぶたのたるみ取り手術
 

まぶたの裏(結膜)から眼窩脂肪を除去します。お顔の表面に傷ができないのが特徴です。また、まぶたがくぼむ傾向がある場合は、眼窩脂肪を除去するとむしろくぼみがひどくなる可能性があるため、お勧めできせん。

 

手術に抵抗がある場合などは、まぶたのへこみを改善させる目的でヒアルロン酸の注入を行うこともあります。

ヒアルロン酸
 

状態やご希望に合わせて治療方針を考えますので、まずはカウンセリングでご相談ください。

 

 

関連ページ

 

 

料金

  • 各種料金については、下記よりご確認ください。

料金表はこちら