CO2レーザー

CO2レーザー

CO2レーザーとは

CO2レーザーは、ホクロや盛り上がったシミ(脂漏性角化症)などに対し、組織を蒸散することで、病変を削り取るレーザーです。 当センターの炭酸ガスレーザー(アキュパルス)は、従来の危機に比べ少ないエネルギーでより深く蒸散することができ、術後の炎症反応を少なくし、傷跡が残りにくく、患部の治癒を比較的早く得ることができます。

 

治療適応

ダーモスコピー(拡大鏡)などを用いた上で、顔面や頚部にある良性の病変にのみ治療を行います。・色素性母斑(ほくろ)

  • 脂漏性角化症(盛り上がったシミ)
  • 尋常性疣贅(いぼ)
  • 汗管腫 など
  • ニキビ跡・肌質や毛穴の改善
  • フラクショナルモードでは、レーザーを点状に照射することで、新しい皮膚の再生を促し、しわやニキビ跡、クレーターなど、様々なスキントラブルの治療を行います。(自費診療)

 

治療経過

局所麻酔を行った後、レーザーを照射します。

治療後は擦り傷のような状態になりますので、創傷被覆材(テープ)または塗り薬を使用し、治癒を図ります。創部が治癒するのに2週間程度かかります。
組織を蒸散させてしまうので、病理組織検査をすることができない場合があります。
大きい病変や、四肢・体幹の病変、良性かどうかもしくは病名が気になる場合、悪性が疑われる場合などは全切除する手術を行います。

治療は、形成外科専門医・レーザー専門医・皮膚腫瘍外科分野指導医が担当します。